日本共産党 京都市会議員ねがい とどく 南区へ

森田 ゆみ子

トップ

活動日誌

2023年09月16日(土)

「北陸新幹線京都延伸を考える南区の会」が京都市に質問状提出

No.101

9月14日、「南区の会」は、北陸新幹線の京都延伸をすすめる鉄道建設・運輸機構による地質調査について質問状を京都市に提出しました。質問は、京都市はボーリング調査に選定された市内7か所の理由についてどう把握しているのか ▷北陸新幹線の京都駅は「現京都駅付近」と予定しているが、調査場所は新駅を想定したものか、または調査結果をもとに新駅の位置を検討するのか ▷地下水への影響や掘削残土処理などの認識 ▷調査場所の地元住民への説明会を開催するよう「機構」へ申し入れるべき等です。市の担当者は、「生活環境への影響は考えている」などと述べる一方で、多くの質問に「機構に聞いてほしい」などと無責任な回答に終始しました。「南の会」の皆さんとも協力して、引き続き北陸新幹線京都延伸をストップさせるため尽力していきます。

このページのトップへ


2023年06月01日(木)

南消防団査閲で放水担当になう

No.100

5月21日午前中、4年ぶりに南区の消防団査閲が消防学校で行われました。地球温暖化による災害や大地震が世界中で頻発する中、身近な住民の危険を回避するためにも地域に一人でも多くの防災リーダーを育成する必要があります。コロナ禍でしばらく消防団査閲はお休みでしたが、今年は晴天のもと無事開催され、私も吉祥院分団の新入団員として、日ごろの訓練の成果を披露することが出来ました。担当したポンプ操法訓練では、今まで練習した中で最も上手に出来たと思います。新入団員の私の練習に何度も付き合って頂いた分団員の皆さん、指導に通って頂いた消防士の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。6月4日は全市の総合査閲です。行政区ごとの代表分団が南区の消防学校に集まり競い合います。南区代表は塔南分団です。ぜひ応援よろしくお願いします。

このページのトップへ


2023年04月15日(土)

市会3期目、皆様のご支援ありがとうございました

No.99

 4月9日投開票の統一地方選挙で、市会議員3期目を勝ち取ることが出来ました。本当にありがとうございました。自民・公明政権がすすめる武器爆買いの戦争準備を批判し、気候危機に対して世界中が協力して、誰もが大切にされる政治を訴えましたが、日本共産党市会議員団は18議席から14議席の4減となってしまいました。市民の政治不信、暮らしを変えたい願いの受け皿となったのが自民・公明の悪政をさらに後押しをする維新でした。日本維新の会は、しきりに「身を切る改革」と言っていますが、政党助成金を年間約32億円受け取り、残った残金は本来国庫に返還することが原則になっていますが、残金を基金としてため込んでいます。日本共産党こそが政党助成金、企業・団体献金を一切受け取らない唯一の清潔な政党です。今後とも、党創立以来100年間一貫して、戦争反対と一人一人が大切にされるための政治をすすめてきた政党だと多くの方に知らせ、住民の声を聞きながら暮らしやすい市政に向け頑張っていきます。 (写真)区長さんから当選証書を受け取りました。

このページのトップへ


2022年12月11日(日)

12月1日、本会議にて門川市長に代表質問しました

No.98

12月1日、京都市議会にて二酸化炭素削減、若者・子育て世帯の定住促進などについて門川市長に下記内容で質問しました。ゝ都市内への若者定住促進について、市が進める「高さ規制緩和」による高層マンション建設では効果は見込めないと指摘。家賃補助や市営住宅入居資格の緩和、子育て・若者世帯向け住宅の拡充、子どもの医療費の中学校卒業までの無料化などを提案し、「安心して働くための保育の拡充こそ必要」として民間保育園補助金削減の撤回を求めました。これに対し都市計画局長は「若者定住に家賃補助が決め手とは考えていない」などと制度の拡充を拒否する答弁を行いました。また子ども若者はぐくみ局長は「(補助金削減でも)保育は確保できる」などと強弁しました。二酸化炭素排出削減の観点から市内産木材をすべて建材や資源として活用する仕組みの構築など林業支援、給食食材の計画的な地消地産推進などによる農業支援、地域循環バス・乗り継ぎ無料推進などによる公共交通の利便性拡充などを提案しました。2雜酳欷雲度改悪に反対し市独自の支援策実施を求めたのに対し、保険福祉局長は「負担が過度にならないよう国に要望を行う」と答弁しました。健康増進センター・ヘルスピア廃止の撤回、アーティストや市民の文化活動場所の保障なども求めました。      
●動画が『議会論戦』から視聴できます。

このページのトップへ


2022年11月22日(火)

12月1日、本会議で代表質問します

No.97

 11月18日から11月補正予算議会が始まりました。12月1日には日本共産党京都市議団代表で、本会議質問に立ちます。質問内容として、第1に環境対策と仕事起こしにつながる地産地消のため、地元産の木材と給食食材の活用促進について。第2に住みやすい街づくりのため、家賃補助や保育の充実、子どもの医療費無償化拡充について。第3に健康で文化的な暮らしの為にヘルスピア存続、介護制度の充実、アーティストの文化活動場所の提供等について予定しています。ぜひ本会議場での傍聴、応援お願いします。当日は、KBS京都で生中継されます。

このページのトップへ