日本共産党 京都市会議員ねがい とどく 南区へ

森田 ゆみ子

トップ

活動日誌

2018年02月17日(土)

久世・東土川バス停にベンチが

No.70

これまで地域の方と一緒に久世地域のバス停調査を行ってきました。その中で、「東土川にある森永乳業工場前のバス停にベンチがなく、高齢者が地べたに座ってバスを待っている」という実態を交通局に訴えました。はじめ交通局は「歩道が狭く、バス停にベンチを置くことはできない」という返答でしたが、「森永乳業工場の土地を利用できないか」と提案したところ、交通局が交渉してくれ、この度「森永乳業工場の敷地内にバス停を作ることができる見込みができた」との返答がありました。現在、工事が始まっています。

このページのトップへ


2018年02月07日(水)

吉祥院運動公園グランドが人工芝に

No.69

この度、吉祥院運動場のサッカー・ラグビー専用球技場が人工芝化されることになりました。あわせて照明がLED化、老朽化したクラブハウスの建て替えもされることになりました。費用約2億円は全額京都府サッカー協会が負担し、京都市に寄付するという内容になっています。以前から子どもたちが通うサッカークラブや保護者の方からの要望もあり、くらし環境委員会で何度か質問もし、共産党が提案し委員会で他党の議員も巻き込んで現地視察も行ってきました。設備が整備されることは大歓迎ですが、今後心配されるのは利用料金です。利用者にとっては死活問題であり、低料金で今後とも利用できるよう市側に働きかけていきます。5〜7月に人工芝の敷設工事をする予定になっています。(写真は京都市広報による整備後のイメージ図)

このページのトップへ


2018年01月27日(土)

京都駅八条口タクシーのりば改善について〜まちづくり委員会で追及〜

No.67

タクシー運転手さんとの対話の中で、京都駅八条口タクシー乗り場の問題点が語られました。「乗り口にある屋根が小さく雨の日に乗る時、大きな荷物を車のトランクに入れる際、荷物もドライバーも濡れてしまう。一方で、すぐ後ろのタクシー待機場の上には大きな屋根がある」との苦情でした。昨年10月のまちづくり委員会の時にこの問題を取り上げ質問しました。当局は「待機場の大きな屋根はソーラーパネルで屋根ではない」?という答弁でした。1月の委員会でも取り上げ「他から苦情を聞いていない。」というそっけない返答でした。しかし、多くの方が苦情を訴えており、京都駅周辺に住む住民の方からも「設計ミスではないか?」との指摘も出ています。引き続き、タクシー業界の方とも連携して、委員会でも取り上げていきたいと思っています。(写真上:待機場・写真下:タクシー乗り場)

このページのトップへ


2018年01月23日(火)

初春 先斗でぽんっと、舞う。

No.68

1月21日、京都府日本共産党後援会主催の前進座「新春観劇のつどい」が開催されました。公演後に開かれた交流会では、アクロバットな踊りで客席を沸かせた次郎冠者役の忠村臣弥さんに、メイクを落として参加して頂きました。

このページのトップへ


2017年11月03日(金)

東九条マダンを訪問

No.65

3日、元・山王小学校で第25回東九条マダンが行われました。「韓国・朝鮮人、日本人をはじめあらゆる民族の人々が、・・・それぞれの自己解放と真の交流の場を作っていきたい。」と開催されています。チョゴリの試着もさせてもらいました。

このページのトップへ